どんな出会いが自分にあっているのか③

こんにちは!婚活パーソナルトレーナーのマチコです。

さて、今日は前回「どんな出会いが自分にあっているのか②」の続きです。

前回、出会いには大きく分けて3つあるとお話ししました。

①婚活サービス(結婚相談所・本気度が高めなネット・本気度が高めな婚活パーティーなど)

②自分で人脈を広げてチャンスをつかむ

③趣味や街コン・本気度がわからないネットや婚活パーティー

こんな風に書くと一見、①が一番出会えそうな気もしますが、①~③はどれもいばらの道。私たちはいま、「どのいばらの道をいくのか」を選択し、覚悟する必要があるんです。

前回は①についての説明をしましたので、今日は、マチコが選んだ②のいばらの道についてご説明します。

★②自分で人脈を広げてチャンスをつかむ のプラス面

自分で人脈を広げてチャンスをつかむ方法。これは考え方によっては無限の可能性があります。

例えば、男性に女性を紹介する際、初めに「どんな女性がいい?」と聞くと、たいていがあやふやに年齢を言ってきます。特に、真剣に結婚相手を探している男性は「若ければいい」といった価値観の方は意外と少ない為、マチコは「アラフォーはOK?」と、ざっくり探ります。そこで必ず「どんな女性?」と聞かれますが、見せた写真がドンピシャだと・・・年齢の壁はあっさり崩れます。

そんな感じで、②で婚活をするには「見た目は①以上に重要!」なんです。ただ、大人の女性の見た目は「顔のつくり」ではありません。「優しそうで笑顔がかわいい。いきいきしてて幸せそう。」ここら辺のイメージが重要になります。雰囲気美人というやつです。ありがたいことに誰でもできる(笑)というのがポイントです。

もし、このメルマガの読者の方に「私は顔やスタイルに自信がない」と思っている方がいたとして・・・その方にマチコはいいたい。「10代、20代の時の価値観を引きずっていませんか?」と。

②の最大のメリットは皆さんの雰囲気美人度を上げるところまで上げることで、年齢の壁を下げることができる。という点です。

また、ターゲットとなる男性の範囲も無限です。ただ、結婚したい度は低~高まで様々なので、男性のタイプに応じて結婚まで導く力が必要になります。

★②のマイナス面

常に「出会い」に関して電波をたてていること、味方を付けるために人の役にたちそうなことは何でもやっておくことが必要になります。所詮、人対人です。飲み会に呼ばれるのも、パーティーに声がかかるのも、紹介をうけるのも、相手が好意をもってくれてるからこそ成り立ちます。その為、受け身では出会いは皆無になる、というのがあえてのマイナス面となります。

まだまだ、書きたりませんが、、、ざっくりとこんな感じです。次回は③について書いていきます。

ではまた!

※この記事は過去のメルマガの記事を抜粋・再構成して投稿しています。(記事一覧はコチラ)リアルタイムでのメルマガの配信を希望される方はコチラからご登録下さい。

個別相談受付中!お気軽にお申込み下さい。