どんな出会いが自分にあっているのか②

こんにちは!婚活パーソナルトレーナーのマチコです。

今日は前回メルマガ「どんな出会いが自分にあっているのか」の続きです。

結婚した女性にヒアリングをすると、出会い方はほんと~に、人それぞれ。最近、大宮冬洋さんの「人は死ぬまで結婚できる」を読み返したのですが、、皆さんどういう経緯で最終的に今の旦那様と知り合ったのか、当時ぶつかっていた問題や婚活中の心の動きが分かります。まだ読んでいない方、この本はおススメです。

さて、前回は出会い方には向き不向きがあり、皆さんが最高に輝いている瞬間でないと、本当の相手には見つけてもらえない、というお話をしました。その為、どんな婚活が合っているのか見極めることが必要です。

まずは出会い方についてです。結婚に結びつく出会い方には大きく分けて下記3つがあります。

①婚活サービス(相談所・本気度高めなネット・本気度が高めな婚活パーティーなど)

②自分で人脈を広げてチャンスをつかむ(交流会・勉強会・紹介・合コン・サークルなど)

③趣味活や街コン・本気度が分からないネット・本気度が分からない婚活パーティー

↑こんな風に書くと、②は遠回りそうだし、③は本気度が分からないから怪しい人もいそうだし・・ということで消去法で①を選ぶ方が多いかと思います。そして、結婚相談所もそれをうたい文句にしています。でもね、①~③はそれぞれ一長一短。どれがいいとは一概に言い切れないんです。

まず、①について。

★プラス面

自分で出会う場所をみつける必要がない。おしの弱い男女でも仲人の強力なプッシュでなんとかまとまることがある。自分の「結婚相談所での市場価値」を分析できる。そして一番のメリットは「条件を絞らない限り」短期間で多数の男性とお見合いができることです。様々な男性とお見合いをすることで「自分が何を求めているのか、何が嫌なのか」整理することは、相手を探すのにとっても大切なプロセスです。逆に何も考えず、フィーリングと条件が合いそうな方を探し、機械的にお見合いを続けると、、、ただ疲れるだけになってしまいます。

★マイナス面

消極的な男性、女性慣れしていない男性率が高いです。今まで燃えるような恋をしてきた方には、がっかり率が高いとも言えます。たまに、条件も良くて、コミュニケーションも良好な男性なんかも混じりますが、、、精神的な病をかかえていたりすることも少なくありません。少ない確率で全てを兼ね備えている男性がいないとも限りませんが、熾烈な争いの為、女性の強みが何なのかが問われます。

結婚相談所で結婚をしたアラフォー女性に共通でいえることは「頭が整理できた」ということです。頭の整理の仕方は大きく分けて2つあります。

1)いままでの私の選び方って違ってない?」と疑問を持ち、一般的な価値観(年収・学歴・会社)を外す。2)「私にはやっぱり一般的な価値観は必須」と確信して、相手の年齢や顔、コミュニケーション能力は妥協する。

皆さんはこんな探し方、できそうですか?マチコはね、、、結婚相談所に入る前に「私にはできない」と、この道は選びませんでした(笑)。つまり、「自分で見つければいんでしょ?!」って。そっちに力を入れ、そこにお金も費やしたんです。自分で見つけるには「自分の強みの棚卸、いい人脈とモテ力」お付き合いしてからは「相手を結婚に導く力や忍耐」も必要です。ものすごく大変そうですが、、、マチコは思います。①~③はどれもいばらの道。大変さは変わりません。

というわけで次回は②の自分の世界を広げて、自分でチャンスをつかむ。という婚活の方法を説明していきます。

では、今日はこの辺で。

※この記事は過去のメルマガの記事を抜粋・再構成して投稿しています。リアルタイムでメルマガの配信を希望される方はコチラからご登録下さい